新規サイト002

……ろまんの道・室内 … ろまんの道・南館 … ろまんの道・貸しギャラリー……
・・・ろまんの道とは・・・幸福の豆 藻玉・・・ろまんの道・東館・・・交通案内・・・

         ・・・秋月行事・・・テレビ出演・・・旅の記録・ろまんの道記録・・・
・・・秋月レトロ市 ・・・秋月着て民祭・・・ 秋月日曜市・・・熱唱フォークライブ・・・
・・・秋月案内・・・

上記のページをクリックしてください↑


ろまんの道

アジア民芸と庭園喫茶 ろまんの道は本館をはじめ、南館、東館そして、レトロ市をまとめた名称です!

そのすべてを統括するオーナー、鹿田義弘(H29.4.22没)は若い頃から世界70か国以上を放浪し、いつ頃か訪れた南米のとある村に此処、秋月が似ている所に魅せられて、店を開業。、前の店(八女市 ターバンロード)と合わせて今年25周年を迎えます。(H30現在)

世界を旅し、その中でもアジア(特にタイ、インドネシア)が好きでした。毎年仕入れに行く中で、いつしか、アジア村を作りたいという思いに駆られ、思い立ったら即座に行動し、解体屋等から廃材を頂いてきて一人で(一部大工さん)南館、東館と次々に建てられました!更には、山に桜や紅葉の苗を植え今では、季節になれば見事な画になるまでに成長しました!

また、着て民祭をはじめ、芸術祭、ほたるまつり(蛍来舞)、音楽祭など、型にはまらず色んなジャンルの方とタッグを組み、秋月に人を引き寄せ楽しんでもらえるように活動されました。

メディアへの出演も数多く、その都度、店の宣伝はもちろん秋月の観光PRにも多大な力を注がれました。

今では、全国津々浦々から熱烈なファンがお見えになられます!

そんな全力疾走を続けたオーナーに『少し休みなさい!』と言わんばかりに神様は無期限の活動休止を告げました!

しかし、蒔いた種は着実に芽を出し、今では関係者各位がその意志を受け継いで皆でろまんの道を支えています。

オーナーは生前よく『金は無くても、夢があれば大丈夫!』と言っていました。まさに、今、皆が各々の道、つまり、『ろまんの道』を追い続けているのです!

是非、それも踏まえ『ろまんの道』をお楽しみください!

あなたの『ろまんの道』が見つかるかもしれません。

                                     アジア民芸と庭園喫茶

                                             ろまんの道

                                     著 スタッフ 九十九