幸福の豆



…… 第1章 … 第2章 … 遠方の方、幸福の豆お送りします …メッセージノート……





幸福の豆の物語は、写真の鷹が山鳩を捕んだまま、ろまんの道に舞い込んだ時より
始まりました。平成15年11月13日の事です。

   第1章






 幸福の豆物語は、平成15年11月13日に始まった。


この日、テレビ局の取材があり、世界一大きな象豆の


話をした。南方の島やアフリカでは、幸福の豆と言われ


ていると。

 次の日、テレビを見た7〜8人のご婦人が、幸せにあ
やかりたいと豆を買いに来られ、話で盛り上がっている
中に、突然 大きな鳥が舞込んできた。
 鳥は鷹の一種で、山鳩を持って店内に入ってきた。

 鷹は壁にぶつかり、脳震盪を起こしたのか、目はクリ
クリ動かしていたが、動けないでいた。 私は更紗で覆
って捕まえ、庭先で逃がしてやった。
 鷹は空高く舞い上がり,何度も円を描いて、南の山へ
消えて行った。
 その夜、鷹がくれた山鳩を家族4人、焼き鳥にして楽
しんだ。

 普通、話はそれで終わりである。
しかし、幸福の豆の話は、それからが始まりだった。
              H15年11月14日撮影 ろまんの道店内にて
          写真の人物は、ろまんの道のオーナーです


空を舞うハイタカの雄


空中で追いかけながら、後ろから鷲づかみする
130km以上のスピードを出すハンター



片羽を拡げたハイタカ


羽を拡げれば80cmの大きさになる
一見、オオタカに似ている




       第2章 

     しばらくして、その時豆を買われたお客さんが次々と来店され、不思議と好い事があると報告に来られました。
    話は口コミで拡がり、豆を買った後、恋人が出来ました。就職が決まりました。万馬券県が当たりました等沢山
    の吉報が届くようになりました


  平成15年11月13日、ろまんの道が
  取材されました。
  世界一大きい豆が紹介されました

  幸福の豆は、象豆とも呼ばれ江戸
  時代には印・として使われた貴重
  な物でした。
 
テレビを見たお客さんが幸福の豆
  を買いに来られました。その時とつ
  ぜん大きな鳥が舞込んで来ました。







  その鳥は隼に似たハイタカと言う鷹
  で、山鳩を足に捕まえていました。
  

  脳震盪を起こしたハイタカを逃が
  してあげました。
  

  この珍事に喜んだ客は、幸福の豆
  を幾つも買って帰られました。
  







  鷹が舞込んで来た時、藻玉を買わ
  れたお客様が、不思議と良い事が
  続くと言われました。

  それから幸福の豆を買われたお客
  様が不思議と良い事があると評判
  になりました。

  特に縁結びにご利益があるよで豆
  を買いに来られた男女が結婚され
  た事もあります。



  最近では結婚式の引き出物にも使
  って頂いています。
  

     ろまんの道の地図です。
       
    

        世界一大きな豆...
        それが幸福の豆です。
  




 クリック → メッセージノート




・・・依頼が有れば、遠方の方にはお送りします。・・・


ベルト通し型
   ネックレス型
独鈷付き型
キーホルダー型
M−45
   Mー17
M−32
M−22
2,800円
   3,800円(天然石)
3,000円
2,000円 (豆に多少難あり)


ネックレス型
キーホルダー型
キーホルダー型
ストラップ型
M−16

M−25
M−24
M−02
3,800円
2,800円(特上ビーズ)
2,500円
2,500円


ネックレス型・太紐
キーホルダー型おかめひょっとこ
ネックレス型
お守り型

観音様・ガネーシャ
M−14
      Mー26
M−13
M−31
2,800円(特上ビーズ)
     3,000円
2,500円
3000円




        ☆ 遠方の方は送ります。
            もだまの代金+360円(レターパック代)・二個以上の発送でも、代金は360円です。

        ☆ 申し訳ありませんがもだまの大きさや形等は選べません。


        ※ M−22は豆に多少の傷があります。ご了解ください。

        ☆ 振込先 福岡銀行 甘木支店    普通 1614832 鹿田義弘

        ☆ 入金確認後発送致します。

                 〒838−0001  福岡県朝倉市秋月283   ろまんの道・鹿田
                 TEL&ファックス  0946−25−1160
                 メールアドレス   romannomichi@kind.ocn.ne.jp (メール送信出来ます)





幸福の豆伝説が始まってから10年が過ぎ、やっと念願の看板が出来上がりました。

看板作家の高木啓二さんの作品です。本家本元が宣伝しないで、随分お客様に

迷惑を掛けまた。反省してこれから皆様に知って頂くよう努力したいとおもいます。

           平成26年8月吉日